トップページ
商品概要
商品特性(1)
商品特性(2)
製品一覧
加工手順(1)
加工手順(2)
取扱上の注意
 
お問い合わせ



SiO2の薄膜が常識を覆す。無限の可能性を秘めた、表面加工剤のネクスト・スタンダード。
 1. 商品概要

(1) シリカシールドの特長

 本製品は、塗って乾燥させるだけで物質表面に薄いシリカ(SiO2)膜を形成する、1液タイプのコート剤(シリカコーティング剤)です。
 常温下でも石英化しますので、加熱温度が限られる樹脂類や、大きさ・形状・設備環境等の問題で焼成が難しいものにも使用でき、おもに膜厚を調整することによって、素材の表面に防汚・親水・防食・絶縁・耐傷などの機能膜を付加させることが可能です。
 これらの特性により、様々な素材の全面あるいは任意の箇所をきわめて簡単にガラス化することができ、ガラスの持つ優れた特性、例えば硬さ、耐久性、化学的安定性などが得られます。

 またトップコート剤としてだけでなく、有機素材とも無機素材ともよく密着する性質を生かして、基材−オーバーコート間のプライマーとしても非常に優れたパフォーマンスを発揮。密着性の問題を改善し、従来では難しかったマッチングが簡単に実現します。
 例えば、有機素材に対する密着性が芳しくない塗料類や上塗剤などの場合、シリカシールドを下地剤として使用することによって、有機素材の表面を容易く無機質化させることができ、密着性の向上に役立ちます。
 更に、特定の機能を持たせた超微粒子類を分散させ、親水系ハードコートバインダーとしても、様々な製品の開発が進められています。
 組成はSi-H、N-H、Si-N結合のみから構成される完全無機なポリマーで、大気中の水分と反応しシリカ転化します(触媒添加タイプ:SSN/SSL/SS-ALPHA)。

シリカシールドのユニークな特性により、現状の問題点解決はもちろん、
従来では考えられなかった視点や発想から、新しい可能性が生まれます。
(2) 使用できる基材

無機素材だけでなく、各種有機素材に対しても良好な密着性を示しますが、中には付き難いものもあります。
 密着性  主な素材
 非常に優れる  PET PMMA アクリル ポリウレタン ポリエステル 金属 セラミックなど
 優れる  ABS エポキシ ポリイミド ポリアミドなど
 普通  ポリカーボネート 塩ビ POMなど
 劣る  ポリエチレン ポリプロピレン フッ素樹脂など
※紙・木材・コンクリートなどにも使用できますが、吸水質・多孔質のものに対しては下地剤(プライマー)を用います。
(3) 用途

常温〜で緻密なシリカフィルムを形成。膜厚をコントロールすることで様々な機能を持たせることができます。
・防汚性・美観維持
・無機プライマー
・親水性
・平坦化
・酸化防止
・防食・耐薬品性
・電気絶縁性
・耐傷
・・・ 車輌、船舶、住宅・建築、看板、設備・機械、日用品など
・・・ 各種樹脂・金属と塗料、上塗剤、光触媒など
・・・ 各種樹脂・金属のパーツなど
・・・ 各種樹脂・金属・セラミックなど
・・・ 各種金属
・・・ 各種樹脂・金属
・・・ 各種金属
・・・ 各種金属・樹脂・セラミックなど



[膜厚]


(4) クラック(最大膜厚)について





基本的に膜を厚くするほど各機能性は高まりますが、クラックの危険性も増えていきます。更に、膜厚だけでなく基材の厚さ、形状、材質による熱膨張率の違いなどによっても異なるので一概には言えませんが、クラックが入る手前のクラック限界についての目安は1μm前後です。
基材、目的、使用環境などの条件によっても異なりますが、通常0.05μm程度から効果が発現してきます。

有限会社エクスシア  TEL 042-514-8210  FAX 042-514-8230 東京都日野市日野台2-16-10
Copyright 2005 Exousia Inc. All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている文章・画像・データの著作権は(有)エクスシアが有します。
無断転写・転載・複写・複製等は違法行為であり、これを固く禁じます。
"シリカシールド""SILICA SHIELD" は(有)エクスシアの商標です。